« 区民の期待に応え、住吉児童会館の劇場・プラネタリウムの再開を | トップページ | 2013年も皆さんと力を合わせ、暮らし支える政治を前に進めます! »

2013年度予算要望書を区長に提出しました。

Dsc_0010001
 10月31日(水)日本共産党区議団と江東地区委員会は2013年度予算編成に盛り込むべき478項目に及ぶ「予算要望書」を区長に提出し懇談しました。予算要望書の作成にあたっては、区民アンケートを実施し、800件以上の回答が寄せられました。さらに、区内施設の調査や各界の団体みなさんと意見交換を重ね、くらしや医療・介護、区内中小企業の実情を伺う活動を行ってきました。そこで寄せられた住宅リフォーム助成の創設や国保料の負担軽減、がん検診有料化撤回などすぐに実行可能な項目については、直ちに実施するよう要請しました。区長は「国保料の負担は重いと思っている。区長会で負担軽減策について議論しいる」と述べました。

予算要望書提出にあたっての全文はコチラから


« 区民の期待に応え、住吉児童会館の劇場・プラネタリウムの再開を | トップページ | 2013年も皆さんと力を合わせ、暮らし支える政治を前に進めます! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101302/47681748

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年度予算要望書を区長に提出しました。:

« 区民の期待に応え、住吉児童会館の劇場・プラネタリウムの再開を | トップページ | 2013年も皆さんと力を合わせ、暮らし支える政治を前に進めます! »